« 今日は忘年会 | トップページ | スキャナ差し上げます »

2005年12月23日 (金)

ちょいワルおやじランナーの初詣

このところ「足」の神様、仏様にこだわって調べています。
いくつかの傾向も見えてきましたので、近いうちにまとめてひとつのサイトにまとめようと思っていますが、そんな足の神様のなかでも異色の初詣候補をご紹介しましょう。

時代は「ちょいモテおやじ」ですが、もてるのは真面目(でも、ややもすると権力に屈する)ではなく、ちょいワル(でも、意外に正義感に燃えたりする)であるのは世代を超えて真実かと思います。まあ、「ランナーズ」と「LEON」を両方定期購読しているようなランナーは知り合いにはいませんが(実在したらゴメンナサイ)、そんなちょいワルおやじランナーにはぴったりなスポットです。

場所は青梅、お参りするのは幕末の盗賊を祭った「七兵衛地蔵」

元文年間の伝説的義賊、七兵衛は相次ぐ飢饉に苦しむ農民たちを救うため、夜に遠く甲斐や相模までその俊足を飛ばして盗みを働いては、盗品を貧しい家の軒先にばら撒いてまわるという「青梅版ねずみ小僧」。一夜のうちに50里を走ったといわれ、追っ手を引き離しては貧しい農民に施して喜ばせたと言います。しかし、ついに囚われの身となり打ち首に...その祟りを恐れた村人が祭ったのが「七兵衛地蔵」です。

その俊足にあやかり足腰に効くと信仰を集めていて、青梅という市民マラソン発祥の地らしく青梅マラソンの参加者の参詣が多いといわれています。

1月2日には青梅七福神をめぐるオリエンテーリングが開催されますので、それと合わせて参拝されてはいかがでしょう。

|

« 今日は忘年会 | トップページ | スキャナ差し上げます »

旅行・地域」カテゴリの記事

足の神様・仏様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144430/7784794

この記事へのトラックバック一覧です: ちょいワルおやじランナーの初詣:

« 今日は忘年会 | トップページ | スキャナ差し上げます »