« 私のランニング5大ニュース | トップページ | 野川も凍る »

2006年1月 1日 (日)

走り初めは足の神様

あけましておめでとうございます。

今年は、初日の出は拝めず、非常に気温の低い元旦でしたが、風がほとんどなく穏やかでした。群馬の実業団駅伝も、いつもなら厳しい赤城おろしが選手を苦しめるところですが、走りやすかったようで大会記録に近いタイムがでましたね。

本当は年明け早々に行こうと思っていた近くの子の明神ですが、あまりにつまらない紅白などのTV番組を見ているうちに眠くなってしまい断念。今朝早くに軽く走ってお参りしてきました。夜のうちなら甘酒を振舞っていたらしいのですが、もうすでにいつもの街角のお社に戻っていました。

夕方には、年末に時間切れで行けなかった生田の韋駄天様に走ってきました。
image11
途中の多 摩川水道橋のたもとの登戸稲荷神社は夕方にも関わらず結構混んでいました。20名ほどの参拝の待ち行列がありました。昔は登戸には左官職人が多く住んでいたそうで、この神社の白壁は見事なこて絵が施されています。必見です。

さて、稲荷神社を通り過ぎて専修大学への登り道にさしかかったところに韋駄天様の天神社があります。急な石段を登ると尾根筋にいかにも鎮守の森といった風情のお社があります。私がお参りした僅かばかりの時間でも数組の家族連れが参拝していましたので、しっかりと地元に根付いた信仰の対象となっているのでしょう。

今年も健康に走れるようにお願いしてきました。
心なしか、帰りのピッチは早くなったような気がしました(^-^;

|

« 私のランニング5大ニュース | トップページ | 野川も凍る »

走ったコース紹介」カテゴリの記事

足の神様・仏様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144430/7947288

この記事へのトラックバック一覧です: 走り初めは足の神様:

« 私のランニング5大ニュース | トップページ | 野川も凍る »