« 北沢川・烏山川めぐり(西半分) | トップページ | 我が家の桜は元気です »

2006年7月17日 (月)

野川の桜が危ない

今日は小雨のなか、宇奈根、鎌田といった野川・多摩川・小田急に囲まれた三角地帯を、あてども無く、古そうな道を選んで彷徨い走りしてきました。筏道という多摩川の筏師たちが奥多摩に戻るのに使った道をたどったり、岩戸川の緑道を走ったりしました。

「宇奈根ハンカチ公園」というバス停の名前が以前から気になっていたので、実際に行ってみたら畑の真ん中の車3台分くらいの広さの小さな公園(^-^; 遊具の傍にハンカチの木(だと思う)が一本植わっていました。

さて、帰りには野川のサイクリングロードを世田谷通りから小田急の操車場のふれあい公園へと走ったのですが、なんか変? はっと気がついたらサイクリングロードの桜並木が妙に明るいのです。よーく見ると葉っぱがすべて葉脈を残してスカスカになっているのです!
いつもは夜走っているのでまったく気がつきませんでしたが、かなりひどい。

アメリカシロヒトリとも違うようですが(そういえば、最近見かけませんね)、残念ながら毛虫は見当たりませんでした。両岸ともすべての桜が被害を受けていて、ひどい木はまるで桜のガイコツのような雰囲気で痛々しさを感じました。

区の管理事務所は気がついているとは思いますが、早急に手を打たないと枯死のおそれすらありそうです。さらに上流の国領のほうはどうなっているのでしょう。心配になってきました。

|

« 北沢川・烏山川めぐり(西半分) | トップページ | 我が家の桜は元気です »

野川だより・世田谷だより」カテゴリの記事

コメント

私ももっぱら夜間ランなので、そこまで深刻な状況とは知りませんでした。あの国立駅前の桜並木も瀕死の状態といわれていますが、こんな身近でも・・・。

投稿: moai | 2006年7月19日 (水) 00時32分

ホントにびっくりしました。
木陰ができないくらいです。
どんな虫のせいなでしょう。ネットで探してみてもよく分かりませんでした。ともかく、枯れずに今年の夏を乗り切ってもらいたいものです。

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2006年7月19日 (水) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144430/10982015

この記事へのトラックバック一覧です: 野川の桜が危ない:

« 北沢川・烏山川めぐり(西半分) | トップページ | 我が家の桜は元気です »