« 野川水道橋 鉄骨だけになりました | トップページ | 野川水道橋 親柱が撤去されました »

2006年12月17日 (日)

野川水道橋 親柱の銘板も外されました

Dscf1704

14日(木)には、橋の周りの護岸工事が進んでいるだけだったのですが、今日17日(日)に気になって、オリエンテーリング大会の後にもかかわらず頑張って走っていってきました。

Dscf1706 すると、なっなんと! 橋の名前を刻んだ銘板が取り外されていました。新しい橋に引き継がれればいいのですが...鉄骨しか残っていない姿で痛々しいばかりです。ふっと、ターミネーターⅡのラストシーンを思い出してしまいました。

Dscf1700むき出しになった橋脚には導水路と思われる穴もあらわになっていました。護岸工事も完了して、急に取り壊しのスピードが上がったようです。このままいくと、今年いっぱいには跡形もなくなるのではないでしょうか。

無骨ながらも美しいアーチも見納めかもしれません。
来週はできる限り帰宅ランして最後の姿を見届けたいと思います。

Dscf1707


|

« 野川水道橋 鉄骨だけになりました | トップページ | 野川水道橋 親柱が撤去されました »

野川水道橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144430/13101518

この記事へのトラックバック一覧です: 野川水道橋 親柱の銘板も外されました:

« 野川水道橋 鉄骨だけになりました | トップページ | 野川水道橋 親柱が撤去されました »