« 大蔵の五尺藤 | トップページ | 園芸高校のバラ園公開 »

2008年5月 6日 (火)

相模野基線 一等三角点巡りラン

Dscf4420

地図は三角測量で作ることはご存知と思いますが、三角測量のためには超精密に測定された2点が最初に必要となります。詳しい仕組みは私が説明するよりもこちらのサイトがよろしいかと(^-^;

Dscf4434s_2 すなわち明治時代に作られた近代日本地図の基準ともいえるのが相模原から座間にわたる「相模野基線」です。全長5209.9697m(ね、ものすごく精密でしょ?)の基線の北端と南端および中間点。そして、その東側と西側(とりあえず、今回は鳶尾山頂は遠慮して、従来の中津小学校としました)にある最初の三角形の頂点にあたる一等三角点の5ポイントを巡る「地図の原点巡りラン」34Kmを決行しました。(上の画像は南端のもの)

詳しいルートはGoogle Mapでご覧ください。

Dscf4406 Dscf4413 Dscf4415
Dscf4423 Dscf4425 Dscf4410

途中、大山街道の古い宿場町である下鶴間の記念館で筍御飯をご馳走になったり、相模川河川敷の大凧上げを見物したりと楽しいランでした。もちろん、ゴールは黒湯の日帰り温泉「湯快爽快」(^-^)V

これだけの正確な距離をたった4mのものさし(もちろん温度変化も少なく、強度もある専用の巻尺ですが)で測ったというのだから、先人の知恵は素晴しいものです。今は、GPSによりさらに精密な測定がされていますので、三角点や相模野基線も測量遺跡となってしまうのかもしれませんが、次代に語り継いでいきたいものの一つだと思います。

Dscf4404

もう一つの基線である那須基線については、私も少なからず関係があると勝手に思い込んでいるのですが(^-^; 機会があればレポートしたいと思います。

|

« 大蔵の五尺藤 | トップページ | 園芸高校のバラ園公開 »

ランニング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

走ったコース紹介」カテゴリの記事

コメント

時々オーリンゲンさんは学者さん?って思ってしまいます。
(もしかしたら当たってます?)
何からヒントを得て、このようなランを思いつくのかしら?

昔の人の知恵や、古代の遺跡なんかを目の当たりに見ると、人間はもしかして退化しているのでは?と思ってしまいます。

投稿: para | 2008年5月 6日 (火) 22時34分

お褒めの言葉、ありがとうございます(^-^)

小学校のころは休み時間でも地図帳を見ていた子どもでした(今風にいえば地図オタク...くら~) よく無人島に本を持っていくとしたら何?という質問がありますが、私なら迷わず「国土地理院2万5千分の一の地図」と答えます(^-^;

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2008年5月 7日 (水) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144430/41105782

この記事へのトラックバック一覧です: 相模野基線 一等三角点巡りラン:

« 大蔵の五尺藤 | トップページ | 園芸高校のバラ園公開 »