« アンネ・フランクのバラ | トップページ | シマサルスベリ »

2008年9月 7日 (日)

鷺草&彼岸花

Dscf5974

二子玉川の話題を中心にアップされているたんぽぽさんから、瀬田のフラワーランドの鷺草が見ごろだと教えていただいたので、早速走って行ってきました。管理棟の脇にひな壇がつくられて、可憐な鉢植えが並べられていました。

Dscf5966 Dscf5977 Dscf5970

鷺草は世田谷区の花でもある楚々とした花です。世田谷城八代目の吉良頼康に嫁いだ常盤姫と大切に飼っていた白鷺にまつわる悲しい伝説が伝わる花でもあります。以前に大蔵大仏のある妙法寺の鷺草展で一目見たときに、その清楚な白い花に魅かれました。フラワーランドは、夏の彩から秋に変わっています。砧公園にお出かけの際はちょっと足を延ばして訪れてみてはいかがでしょうか。

本当はここまで走ってくる間に野川で鷺の写真を撮って、アップしたかったのですが、こういうときに限っていないんだよなあ(^-^; 昨日は何羽もいたのですが、カワセミの写真が撮れたことに満足して、鷺にはファインダーが向きませんでした。

Dscf5933_4

その代わり、目に付いたのが彼岸花。去年、野川の河川敷の彼岸花の群落のことをアップしましたが、今年も1,2本の彼岸花が咲き始めました。見ごろはまだまだ先でしょうが、喜多見ふれあい公園なかほどに架かる野川の人道橋の成城側下流の河川敷です。通りかかったときには河川敷にも目をやってみてください。これからどんどん花が増えると思います。

Dscf5964s

|

« アンネ・フランクのバラ | トップページ | シマサルスベリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野川だより・世田谷だより」カテゴリの記事

コメント

サギ草、見頃が長い花のようですね。8月初めから今頃も割き続けているというのですから。
もう彼岸花が咲いていたのですか?岡本公園の駐車場脇にあった彼岸花の群落、柵を昨年作り変えたので今年は咲くのかとっても心配しているところです。
カワセミを野川で見たことがありません。私が見たのは岡本公園の池とその付近の丸子川のところだけです。色が綺麗な鳥ですね。

投稿: たんぽぽ | 2008年9月 8日 (月) 09時25分

残暑が厳しいのであまり感じませんでしたが、もう9月9日なんですよね。彼岸花が咲くのもうなずけます。野川のカワセミはなかなか見れません。カワセミを狙っているカメラマンは年がら年中見かけるんですけどねえ(^-^;

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2008年9月 8日 (月) 22時50分

そういえば、最近カワセミの姿にはお目にかかっていませんでした。
増水したりで、巣穴は無事だったのでしょうか。
 
今朝の新聞に多摩川(登戸)の「渡し」が壊滅的な打撃を受けて店終いを余儀なくされているとの記事が出ていました。

投稿: moai | 2008年9月10日 (水) 21時03分

私も心配していたのですが、自然はしぶといですね。

ところで、登戸に渡しが現存していたのですか?
京王閣の競輪用の渡しがあるのは知っていたのですが...

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2008年9月10日 (水) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144430/42408908

この記事へのトラックバック一覧です: 鷺草&彼岸花:

» 巾着田一帯、保全図る [鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み]
『新井家住宅』を購入 日高市 巾着田一帯、保全図る ヒガンバナの群生地として知られる日高市の「市巾着田曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園」一帯の景観を維持しようと、同市は公園近くにある江戸時代の古民家「新井家住宅」(同市高麗本郷)などの購入費約一億五千万円を盛り込んだ補正予算案を、現在開かれている九月定例市議会に上程している。 取得するのは、母屋や客殿など計七棟の建物と、宅地計約三千百平方メート�... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 01時14分

» サギ草(瀬田フラワーランド) [二子玉川便り]
知人から瀬田フラワーランドのサギ草が まだ咲いているというのを聞いたので 見に行ってきました。 拡大写真へ ちょうど水やりをしていました。 拡大写真へ 拡大写真へ 本当に鳥のサギに似ていますね。 場所:瀬田フラワーランド 撮影日:9月4日(木)2008年 ..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 09時27分

« アンネ・フランクのバラ | トップページ | シマサルスベリ »