« 2010年 仙川・東宝の桜 ライトアップ | トップページ | 変わるもの、変わらないもの »

2010年3月31日 (水)

砧小学校 百年桜

Kinutashou

Cimg2866s 28日の日曜日、砧公園に花見ランをしようと仙川・東宝の桜を愛でながら下り、世田谷通りの信号を待っているとき、急に妙法寺の枝垂れ桜を見に行こうと思いつきちょっと寄り道。その途中で、さらにふっと気がついたのが、ここ数年思い焦がれていつつも一度もお目にかかったことの無い桜のことを思い出しました。
それが...

砧小学校の百年桜

明治35年(1902年)に砧小学校が建てられたときに植えられたという桜です。

Cimg2894s 砧小学校の校庭に植えられていて体育館の影になっているため、前の道からは見えません。校庭に入りたくても、昨今のガードの固さから一度も直接お目にかかったことがありません。花の咲いていないときでもいいからと、土曜日にランの途中に立ち寄ったことも幾度かありますが、校庭公開日に当たらずすべて空振り。よっぽどご縁が無いと諦めていましたが、学校のフェンスに「お花見校庭公開」のポスターが!

やったー!と喜び勇んで大手を振って校庭へ。
校庭の国分寺崖線に近いところに圧倒的存在感を醸し出しています。

Cimg2867s

Cimg2868s 1本だけでなく、太い桜が2本並んで植わっているのですね。太さからいって校庭側の桜のほうが古いのかな。
根本保護のために幹周りには小さな柵がめぐらされ、チップが撒かれています。鉄棒がその部分だけ使えないのがちょっと可笑しい。樹医の方から子ども達へのメッセージが掲げられていました。

Cimg2873s

Cimg2882s かなり肌寒い天気で満開にはちょっと間がありましたが、ちらほら咲く桜の花もとても100年の月日を感じさせない可憐なものでした。低温の日が続きますので、入学式にはまさしく百年桜の花吹雪のなかをぴかぴかの1年生が記念写真を撮るのでしょう。
うらやましいですね。

Cimg2880s

|

« 2010年 仙川・東宝の桜 ライトアップ | トップページ | 変わるもの、変わらないもの »

野川だより・世田谷だより」カテゴリの記事

コメント

桜を愛でて、いろんな所を巡っているのですね~。
もうすっかり足の方は、よいのですか?

数年前に百年桜を植えた第一回卒業生の方を
知っていましたが
「おお~~百年桜と共に歩んで来たんだな~」と
思ったものです。
もうその方も亡くなられてさびしいです。

投稿: たんぽぽ | 2010年4月 6日 (火) 00時11分

この時期のランは楽しいです。これからはハナミズキに藤にバラにとわくわくします。
ところで、足はもとからピンピンです。折ったのは肩なので、走るには問題ないのですが、万が一コケるとよりひどくしてしまうので、おとなしくしています(^_^;

百年桜を植えた方とお知り合いだったんですか。
いろいろなことをご存知だったのでしょうねえ。

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2010年4月 6日 (火) 22時09分

いろいろなことをご存知だったとは思いますが
あまり詳しいことを聞いていなかったので
今になって悔やんでおります。

投稿: たんぽぽ | 2010年4月 8日 (木) 00時12分

砧小、25年前息子が通ってました、綺麗ですね、懐かしい!!!

投稿: shinchandazo | 2010年4月11日 (日) 13時05分

shinchandazo さん、ようこそいらっしゃいました。光栄です。

お子さんが砧小学校に通っていらしたんですか。私の息子・娘は世田谷区で一番歴史の浅い小学校で過ごしたので、とてもうらやましいです。
なにしろ、砧小の卒業生はあの桜を見れば、小学校の全ての想い出が浮かぶことと思います。

何万もの子ども達の思い出をエネルギーに百年もの年月を生きてきた桜なのでしょうね。

ところで、shinchandazo さんと百年桜、もしくは妙法寺さんの枝垂れ桜や東宝の仙川沿いの桜とのコラボなんかも素晴しいなあと思うのですが...

成城・仙川や調布など野川界隈の話題をご紹介しておりますので、これからもよろしくお願いします。

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2010年4月11日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144430/47973310

この記事へのトラックバック一覧です: 砧小学校 百年桜:

« 2010年 仙川・東宝の桜 ライトアップ | トップページ | 変わるもの、変わらないもの »