« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月23日 (日)

雨の中の生田の丘めぐり

Pt340015s

本当は走友と一緒に生田のバラ園と生田の森のトレイルランの予定だったのですが、あいにくの雨。早々と中止の決定。残念!

でも、連絡が行き届かずに集合場所に来てしまった方には申し訳ないので、トレーニングがてら大した距離ではないので自宅から集合場所まで走って行ってきました。まあ、当然のことながらだれも来ない、ということで一安心して帰ろうと思ったのですが、雨も小降りになってきたし、思ったよりも冷たい雨ではないので、もうちょっぴり走ろうか...ということで、長尾の紫陽花寺まで行ってきました。

長尾の紫陽花寺と呼ばれる妙楽寺に向かう長い坂は、いつ上ってもキツイ(^_^; 箱根5区並みですね。でも、たどり着いた先にはホッとする静寂の空間が待っています。

Pt340013s

まだ咲いていないだろうなあ、と思っていましたが、参道に二輪だけ雨に打たれながら真っ白い花を咲かせていました。その風情が絶妙! 時期はずれの雨の日ということで、参拝客はいるわけもなく、本当に静かなひと時を独り占めすることができました。シアワセです。

裏手の紫陽花園もちらほらと咲いているようで、あと二週間もすれば見物客でごった返すことでしょう。満開の紫陽花を見ようとするならば、それはそれで早朝に来るとかしない限りは致し方ありません。でも、今日思い切って来てよかったです。

妙楽寺を後にして、生田の丘の住宅地を上り下りして(これがいいトレーニングになります。住んでる人は足腰強いんでしょうねえ)、生田のバラ園へ。

Pt340016s

ちょうど満開の時期ということで、雨にも関わらずたくさんの見物客がバラの花を愛でていました。しとしと雨くらいならバラの香りがわき立つのですが、ちょっと雨粒が大きすぎました。それでも、いくつかのバラは濃厚な香りを漂わせていて妖艶な雰囲気でした。

Pt340018s

バラ園の出て、生田の森を抜け、専修大学の構内を抜け、途中の韋駄天様に肩の後遺症もなく以前以上に速く走れるようにお願いをしてから、多摩川に出て、帰宅。ハーフマラソン以上の距離を雨の中、走りましたが、思った以上に気持ちよく走ることができました。

家に着いたら、走る前に用意しておいたお風呂に直行! 風呂上りのビールにも直行! というのは言うまでもない(^_^;

Pt340017s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

この箱の中身は?

Dscf2675

5月5日こどもの日は朝5時に目が覚めたので、連休最後ということでめったにやらない朝ランで砧へ。オレンジジュースを飲んで、入念にストレッチしてから走り始めましたが、全然ダメ。一昨日のトレイルランの疲れが抜け切っていないのか、完全にヘタレ状態。もともと朝は調子が出ないたちなのですが、何しろ走れません。1Kmほどはウォーキング。そのあと7分/Kmペースで徐々に上げてもツライ。ふらふらとなんとか砧へ。
やっぱり、朝ランなんて慣れないことはするもんじゃありませんねえ。

さて、朝6時30分の砧公園なんて来たことありませんでしたが、ラジオ体操の人達が多くてビックリ。ゆうに100人以上は集まっていましたねえ。中国の朝の公園の太極拳の風景をTVで見たことがありますが、十分にそれに対抗できるくらいの迫力でした(^_^;

その様子を見ながらサイクリングコースをとぼとぼ走っていると、砧公園の意外な秘密を知ってしまいました(なんて、大袈裟なことじゃありませんが...)

美術館そばの芝生広場の入口にスチールの箱があるのにお気づきでしょうか?
ずっと、その存在は知っていたのですが、時計の変電設備か何かだろうと思っていました。ところが、この箱のなかにはラジカセが入っているのです。それも年季の入った大きなラジカセが2台も!

この箱の上に2台が背中合わせ状態で置かれ、となりの茶色の小さなポストのような箱のなかにコンセントがあるらしく、そこから電気を取り、大音量で朝のラジオ体操を流しているのです。まあ、隣は市場と清掃工場で周りに人家なんてないので、誰に迷惑掛けているわけじゃないのでしょうが、2台でフルボリューム。朝から気合入っています(^_^)

NHKの放送が終わり、蜘蛛の子を散らすように皆さん解散しだすと、リーダーらしき人がやおら箱の扉を開けて、ラジカセをそこにしまうではありませんか。中には他には何も入っていなかったようです。

雨でも、雪でも、真冬の真っ暗な朝でも、やっているのですかねえ。
全く知らなかった砧公園の一面を見た朝でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

烏山のつつじ園と「花と緑の広場」

Cimg2986s

ゴールデンウィーク2日目は、昨日の藤の花に続き、5月といえば皐月・つつじ。ということで、烏山の西沢つつじ園へのんびりジョグ。

毎年、GWに行っているのですが、少々盛りが過ぎています。しかし、今年は雨が多くて結構花が残っていましたし、多くの方々が散歩に訪れていました(走ってきている人はいませんでしたが(^_^;)

Cimg2989s

一応、売り物のつつじですので(^_^) 500円から1000円で即売もやっていました。

Cimg2981s_2

どんどん都市化が進み、地価も高い世田谷で、このようなつつじ畑が残っていること自体が貴重です。区でも「烏山つつじ緑地」として援助しているみたいですね。高層マンションとのこの画像が象徴的です。

Cimg2980s_2

そのあと、ふらふらと北上し、東八道路へ向かいました。その途中で、思いもかけず素晴しい景色に出会いました。それが、これ!

Cimg2994s_2

三鷹市と世田谷区が入り組んでいる境目あたりに三鷹市の「花と緑の広場」という元ゴルフ練習場の跡地をボランティアの方々が緑化している一角がありました。奥行きがあるだけに ちょっとアングルを工夫すると、こんな東京とは思えない風景。
これから、季節季節の花で彩られることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

千年の藤 いい香りです

Cimg2967s

国領神社の千年の藤がいい香りで咲いています。

以前もこのブログで紹介しましたが、国道20号線を野川の馬橋から調布方面(旧道ではなく4車線の国道に沿って行きます)に1Kmほど行ったところにある国領神社の境内いっぱいに藤棚がしつらえてあり、千年の藤といわれる古い藤の花が今盛りです。

Cimg2966s

Cimg2969s 千年といいながら、樹齢はその半分くらいらしいのですが、その幹の太さは十分にその形容に値します。それだけ地元の人々に愛されてきた藤なのでしょう。交通量の多い国道20号線のすぐ脇であることを忘れてしまうほど、甘い良い香りでゆったりとした気分になります。

Cimg2968s

Cimg2970s 社務所には、この時期だけ限定の千年の藤の実が入ったお守りも販売していますし、これまた数量限定の地元調布市の中島製菓謹製「国領神社絵馬瓦煎餅」もありますので、味わってみてはいかがでしょう。




忘れてはいけないのが、この藤は上から見ることができるのです。そばに国道20号線をわたる歩道橋があり、そこから眺めることができます。のたうつ太い幹が生命力の強さを感じさせてくれます。

Cimg2972s_2

ゴールデンウィーク中がベストシーズンだと思います。野川を散歩するときにはちょっと道草してみてください。GoogleMapの地図はこちらです







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »