日記・コラム・つぶやき

2017年6月20日 (火)

成城三ツ池のホタル

帰宅ラン途中でふっと思い立って、三ツ池へ寄り道。

いました、いました。ホタル見物の人たちが...

こりゃ、見れるかなと思ったら、1匹のみ!

気候条件としては良かったのになあ、ちょっと時期が遅かったか...と思いながらとぼとぼランでした。

帰宅して、ハイボール飲んで、くつろいでいると、近くのお知り合いからメッセージ。数え切れないほどうじゃうじゃ飛んでいるとな!

メッセージが来たのが9時半くらい。
私が行ったのが7時過ぎ。時間が早すぎたようですね。

もはや、酔っ払っているので走って見に行く気力もなし(^_^;
明日は雨だしなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

明日も早起き

工事立ち会いで早出の土曜出勤だったのですが、工事が早く終わったので、のんびりお風呂の誘惑に負けて、仙川の湯けむりへ会社から直行ラン。野川から松原通りを登っていくと、湯けむりで止まっていた道路がガソリンスタンドの坂まで続いたのですね。ビックリ!
(5月21日に開通したみたい)

明日はさらに早起きで矢板へ。
オリエンテーリングの全日本大会に参加してきます。
年齢別のクラス分けですが、昔からやっているタコばかり(^_^;
けっこうキビシイ闘いになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

パクチの花芽

くろがねやでパクチの苗を買ってきて、プランターに植えたのですが、最近なぜか枯れてきちゃいました。

水もちゃんとやっているし、土が合わないのかなあと思い、ちょっとググッたら...

なんと、パクチは1年草なので、花が咲くと枯れてしまうのですね!

確かに、おなじみのパクチの葉っぱとは違う、ニンジンの葉っぱのような花芽の葉っぱが出てきて、茎も太くひょろっと長い。よく見ると小さな蕾も見えます。

そのままにしておくと、可憐な小さな白い花が咲くそうですが、そうなると完全に枯れてしまう。思い切って花芽の茎を刈り込みましたが、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

オカダヤ

このところ、金曜日の夜になんとはなしに「ツバキ文具店」を見ているのですが、ちょっとハマりかけています(^_^; 小川糸さん、読んでみようかな。

ところで、今日はそのままNHKを見続けていたら、新宿の手芸屋さん「オカダヤ」を舞台にした「ドキュメント72時間」

さすが新宿やねえ~というツカミを冒頭に連発されて、思わず見てしまいましたが、見ているうちに何となくいろんな記憶が呼び出されてきて、妙に懐かしい...

実は、お袋は洋裁を習っていて、当時は高価だったと思う足踏みミシンを使って洋服を手作りしてくれていました。その素材の布やテープ、ボタンなどを買い求めに手芸屋さんに連れて行かれた記憶が微かに残っています。


白髪交じりのおじさんが手慣れ手つき反物をパタンパタンと回すと、竹尺で長さを測り、良く切れるハサミでツゥーと布を裁断する音...

壁一面の小さな引き出し。引き出しの前面には同じデザインだけども微妙に大きさの違うポタンが縫い付けられている。ボタンだらけのその光景はまるで玉石混交の玉手箱...

色とりどりのテープが巻いてある大きなボビンがズラッと並んでいて、テープの端が、まるでアカンベーのように並んでてい、思わず引き出しては怒られたりして...(^_^;


そんな記憶が次々蘇りました。
たぶん日暮里か、上野じゃないかと思うのですが...

なんだかお袋とそんな頃の話しをしたくなりました...


ボタン付けや裾上げ程度なら自分でやっている野川のカルガモおとーさんでした。
(針に糸はまだまだ余裕で通せますよ! って自慢してみる(^_^;)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

今日のフクロウ

P5031922

池袋ではありません。

千歳船橋のフクロウです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

都筑橘樹 酉年開帳地蔵菩薩霊場

12年に一度、酉年に行われる都筑・橘樹酉年地蔵菩薩霊場の御開帳が、現在執り行われています。4月16日から5月7日までの22日間限定で、その次はまた12年後となります。

    霊場のお寺や地蔵堂がある都筑・橘樹という地域は、横浜市緑区、港北区、川崎市中原区、高津区にあたります。

1

近年の御朱印ブームでけっこう巡礼者が多いようです。
行く先々でご接待があり、お茶や自家製のお漬物などを地元の方々が振る舞ってくれるのも楽しみのひとつです。

この写真は3年前の准西国稲毛三十三観音霊場の御開帳の様子ですが、今回も同様にお地蔵様の指に巻かれた糸がだんだん太くなり、本堂前の回向柱に結ばれています。この「善の綱」に触れることで仏様と一体になれるといわれています。

Kc4d0095

25箇所のお地蔵様を巡ると40Kmちょっとですので、のんびり一日で走って回れる距離です。明日は天気も良さそうなので、走ってお参りしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

ナンバーエリア

その昔は一高、二高、三高などナンバースクールと呼ばれていた学校が各県にありましたが、最近は少なくなりました。

さらに昔になると、開墾した順番に番号をつけて地域を呼んだこともよくありました。厳密にいうと開墾とは違うかもしれませんが、牧場を表す「戸(へ)」をつけた南部藩の一戸、二戸...八戸...はよく知られたところですし、盛岡赴任の際には尋ねてみたこともあります。

さらに重箱の隅をつつくと、「欽どこ」(今の人は知らないでしょうねえ(^_^;) で萩本一家が移り住んだ豊四季という地名が気にかかり、縁あって新京成線沿線に関わり深くなり、五香六実やら十余二を知るに至って、なんとはなしに気にはなっていましたが...

やはり、そうだったのですね!

明治維新後、柏、松戸など東葛地域を中心に、開墾の順番に、初富(はつとみ)、二和(ふたわ)、三咲(みさき)、豊四季(とよしき)、五香(ごこう)、六実(むつみ)、七栄(ななえ)、八街(やちまた)、九美上(くみあげ)、十倉(とくら)、十余一(とよいち)、十余二(とよふた)、十余三(とよみ)という新しい村ができたそうです。

その後、開墾の難しさでいろいろとあったようですが、幾つかの地名だけは今に残っているそうです。単にナンバリングするだけでなく、縁起のいい漢字と合わせて揃えた明治人のセンスに感服します。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

テンポラリー・シングル、最後の晩

母娘が親父を置いて家を出てしまい、ただ今シングル。

1週間ぶりに明日帰ってくるというのでテンポラリー・シングル、最後の晩。
目一杯、はっちゃけちゃおうと思ったら、土曜出勤(^_^;

ということで、大人しく家飲み。

でも、二子玉川の隠れ家レストランのバスク家庭料理をテイクアウト、安い泡ワインを抱えていそいそと帰宅。でも、このまま飲んじゃ、沽券に関わるというとで、アリバイ作りのラン。それなりに飛ばしました。

それにしても、隠れ家レストランのテイクアウト、美味しかったです。
気がついたときには、ほとんど食べちゃって寂しい写真ですが、鯖の白ワイン煮。
他にも美味しそうな料理が並んでいて、どれも申し訳ないくらいのお値段。
こりゃ、会社帰りにつまみテイクアウトがくせになりそうです。

お店の名前は ラヴァン・グゥ  お店でゆったりとランチやディナーもいいかも。

Dsc_0156

勢いで一本空けてしまい、勢いで何年かぶりのギターなんぞを弾いたものだけら、指先が痛い(^_^; 基本コードは指が動くものの、セーハの複雑なコードを転調して簡単にする変換ができない! 指先の運動神経よりも脳の計算能力が退化している? 

ということで、明日は出勤なので早く寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

初スマホ投稿

ココログのスマホアプリをダウンロードしました。スマホから投稿できれば、少しは頻繁に更新できるかな?

1486650230478.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南台

しょうにゃんだい

Dscf3174s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧